「聞いて頂ければわかります」

Ms_little_speaker_system

机の上に突っ伏して撃沈。

しているのではなく、スピーカーメーカーのM’s systemのショールームに行って、スピーカーの視聴をしているところです。

写真で視聴しているのはM’s systemが15周年を記念製品として50台限定で予約受付している「リトルスピーカーシステム」。

M’s systemのスピーカーは一本式が有名ですが、この記念製品は特別に二本式。

左右にスピーカーを置いてその間に入ると、あたかも目の前に3Dのような立体音がします。

まるでヘッドフォンを付けているかのようです。置き方によって様々な音が楽しめます。

M’s systemのスピーカーは、演奏しているステージがそこに再現されたかのようなリアリティがあります。

「演奏家のいない演奏会」と題して、ステージに一本式のスピーカーを置いて、あたかも演奏家がそこで演奏しているかのような臨場感を得られるコンサートも開催しています。

社長の三浦さんともお話しましたが、抽象度の高いゴールを持ち、Want-toで生きている素敵な方でした。

スピーカーも素晴らしいですが、この人から買いたいと思わせるようなマインドをお持ちです。

三浦さんは発売当初から「聞いて頂ければわかります」という言葉で、一度聞きに来て下さいとお伝えしているようですが、確かに「聞いてみてわかりました」。

どんなに言葉を尽くしてもこのスピーカーから得られる体感を表現するのは難しいですが、聞けば体全体で理解できます。

「なんでそう鳴るの?」とパンフレットに書かれていましたが、まさにスピーカーの常識を覆すスピーカーでした。

Ms_showroom

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment