コーチの歴史(1)

Jeremias_Schemel

コチ博物館に掲示してあった「コーチの歴史」を紹介しましょう。

この文章に関連した資料がコチ博物館に幾つかありましたので、それらは次回に紹介したいと思います。


コーチの歴史

‘coach[kocsi]’という言葉が見られる最も古い文字による記録は、1493年、ウラースロー二世の(家計を記録した)出納帳に’kochy’として書かれたものです。

その呼び名は、(オーストリアの政治家で歴史家の)フライヘル・ジークムント・フォン・ヘルベルシュタイン氏の1518年の記録にも見られます。

また、(コチのコーチの)絵として最も古いものは1568年にエレミアス・シュメル氏が描いたものです(訳注:冒頭の写真)。

しかしながら、その言葉(kocsi)の起源は、15世紀後半とされています。

(国王の伝記を書いた)ボンフィニ氏によると、1485年にマーチャーシュ王は、ブダペストから、征服したばかりのオーストリアの首都ウィーンに玉座を移したのちに、農業用ワゴンを改良した軽く、速く、精巧に作られた乗り物を使用して好んで旅をしていたようです。

コチ村は、ハンガリーで最初のステージコーチを使用した郵便馬車制度における、休憩所と食事をとる場所でした。

言い伝えによると、長い間、コーチはマーチャーシュ王によって発明されたとされていましたが、実際には、この乗用馬車はコチ村の職人によって開発されたものです。

コーチ(という高速軽量の乗用馬車)が、西欧に広まったのは15から16世紀に遡ります。

初めにイタリアとオーストリアで使用されました。その後、神聖ローマ帝国の国々やスペイン、フランスでも使用されるようになりました。

更にオランダやフランドル地域、イギリス諸島へと広がりました。これがcoach[kocsi]という単語がヨーロッパに広がった理由です。

kocsiが語源となった言葉としては、coach[英語], coche[フランス語], die Kutsche[ドイツ語], coche[スペイン語], coccio[イタリア語], koc[スロバキア語] , koczy[チェコ語]、が挙げられます。

コチ村から広まったコーチは、四輪荷車と深い関係があります。

言い伝えによると、四輪荷車もまたハンガリーにおける発明とされています。そのため、これらの言葉がいつも同じ種類の乗り物を表すわけではありません。

何世紀もの間に、数えきれないほどの種類のコーチがカルパチア盆地で製造されてきました。

その度に、幾つもの異なる名前が与えられてきました[例えば、buggy, curvilinear coach, coach from Körös など]。

この展示場では、馬車職人や鍛冶屋がコーチを作る工程で使用した全ての種類の道具を展示しています。

馬具製造人によって作られた馬車や馬の馬具を復元品によって、15世紀にコチで作られていたコーチの実際の寸法とその材料を見学者は確かめることができます。

※( )内は私が補足したものです。


THE HISTORY OF THE COACH

The word coach (kocsi) first appeared in written form in the account books by ?. Ulaszlo in 1493 as kochy. Its first depiction comes from Freihero Sigmund von Herbenstein in 1518. Its first depiction originates from Jeremias Schemel in 1568. However its origin dates from the second half of the 15th century. According to Bonfini, King Matthias gladly travelled with this light, fast, and subtly elaborated vehicle that was developed from a farm-wagon after he moved his residence to the freshly conquered Wienna from Buda in 1485. Kocs was one of the rest areas and feeding stations of the first Hungarian stagecoach postal service. However tradition has it for a long time that the coach was invented by King Mathias, according to the facts passenger cart is developed by craftsmen from the village of Kocs.

The Western European spreading of the coach dates back to the 15?16th century. First it was used in Italy and Austria, then in other countries of the Holy Roman Empire as well as in Spain and France. Its usage spread from the Dutch and Flemish areas to the British Isles. This is verified by the wide spread European usage of the word coach (kocsi). The words originating in it: coach (English), coche (French), die Kutsche (German), coche (Spanish), coccio (Italian), koc (Slovakian), koczy (Czech). The spreading of the coach from Kocs is closely relates to the four-wheeled carriage. Tradition has it that it is also a Hungarian invention, so these words do not always mean the same type of vehicle. During the centuries countless types of coaches were developed in the Carpathian basin. Several times different names were given to these (e.g. buggy, curvilinear coach, coach from Körös etc.)

Our exhibition’s purpose is to present the all kinds of tools used by cart wrights and blacksmiths through the phases of making a coach. We are going to refer to the saddlers, who are the makers of the harnesses used for?carriages and horses, and then our dear visitors are able to examine the
faithful reconstruction of the coach from Kocs preserving its 15th century dimensions and materials.

THE_HISTORY_OF_THE_COACH

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment