種をまく

sprout昨晩久しく会っていない方からFacebookのメッセージが突然入りました。「5年前、田島さんと一緒に考えた◯◯を変える計画したの覚えていますか?」と。

そして「それが今日一つ実現しました」と続いていました。

 

それまですっかり無意識の中にしまい込まれていましたが、そのメッセージで、5年前にその方がやりたいことの話を聞きながら◯◯を変えるための構想を一緒に練った(といっても私はもっぱら聞き役ですが)時の情景がパッと蘇りました。

◯◯を変えるというそのゴールは、現状の外で達成方法なんかもちろん分かりませんでした。

でもその時にその方に植えられた種が5年を掛けて芽を出したそうです。

「私の中に、5年前、種を植えてくれて本当にありがとうございました」

今まで諦めずに方法を見つけ自分の実現したいことを成し遂げたその方に感服するとともに、自分のことのように嬉しく思いました。

その芽はまだ小さいものかもしれないけれど、これからどんどん成長してやがて実をつける大きな木となり、その実が次の種を生み広がっていく連鎖のイメージがそのメッセージを読みながら湧いてきました。

そしてその方はそれを必ず実現していくことでしょう。

 

私達の持っているゴール、特に現状の外のゴールは、いつ達成できるかなんか分かりません(もし分かったら現状の中ということです)。

ですから、いつ達成できるかなんて気にせずに、まずはマインドの中にゴールという種をまくことです。

そこから全てが始まります。

その種をどうやって育てればいいかは、種をまいた後に方法を見つけていけばいいのです。

 

そして諦めずに方法を見つけてその種を育てていけばやがて素晴らしい芽を出します。

 

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment