航海を後悔しないために

on_the_sea

船に乗りました。風が強く吹き、海面には波が立ち、船は波に大きく揺れながら進んでいきました。それでも、船に安心して乗っていられるのは、船がその程度の波では転覆しないということが分かっているからです。そしてもう一つ大事なことは、辿り着くべき目的地があり、そのために船が進んでいることを知っているからです。

もし船が転覆しないと確信していても、どこも目的地を目指してなく、ただ漂っているだけだとしたらそれは安心できないでしょう。

目的地があるからこそ、たとえその目的地が途中見えていなくても、安心して乗っていられます。

でも、目的地さえあればいいわけではありません。

その目的地が、自分が行きたくない所や他人に無理やり押し付けられた目的地であれば、安心して乗っていられないでしょう。

なんとか出発した陸地に引き返せないかとか、目的地が変わってくれないかと願い続け、途中の景色を楽しむどころでもないはずです。

航海を後悔しないためにも、乗っている船の目的地は自分の行きたい所であるべきです。

あなたの乗っている船は目的地が決まっていますか?(決まっていなければ目的地を定めましょう)

あなたの乗っている船の目的地は自分で決めたものですか?(他人に決められた目的地行きの船だったら、本当にその船で良いのか考えましょう。その船を降りて、他の船を探す必要があるかもしれません)

あなたの乗っている船の目的地は行きたいところですか?(行きたくない目的地行きの船だったら、行きたい目的地行きの船に乗り換えましょう)

あなたの乗っている船とは、あなたの人生のことで、目的地とは人生における現時点のゴールのことです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment