雑誌


乗り継ぎで寄ったワルシャワの空港で見かけたコーチングの雑誌。2種類あったので流行っているのでしょうか。

どんな内容が書いてあるのか興味津々でしたが、ポーランド語?で書かれていて、内容までは分かりませんでした。

日本でもコーチングが広まり、より一般的になってくるとコーチングの雑誌が出るかもしれませんね。

それにしても並んでいる沢山の雑誌の中で、真っ先に「COACHING」の文字が目に入ってくるとは、私たちのR.A.S.(網様体賦活系)の機能は凄いなと改めて感じます。

きっと隣にいた人には、この雑誌は見えていなかったような気がします。

私たちの目の前の世界は(R.A.S.の機能によって)脳が重要だと判断した情報で成り立っています。

そして、一人ひとりにとって重要なものは異なるので、一人ひとりの目の前の世界は違うものとなっているのです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment