Pioneer in AI

societyofmind

人工知能の父の一人であるマービン・ミンスキー博士が昨日1月26日にお亡くなりになりました。ミンスキー博士は、人工知能のパイオニアであり、認知科学の礎を築かれた方です。

認知科学は人工知能(Artificial Intelligence, AI)の研究とともに発展してきた歴史があります。

そして、私が日頃行っている苫米地式コーチングは、認知科学の研究で得られた成果を応用したものです。

そのため、私自身はミンスキー博士と直接お会いしたことはありませんが、私のコーチングは、ミンスキー博士が築かれた土台の上で行われているということもいえます。

実際、私の苫米地式コーチングの師である認知科学者の苫米地英人博士も、ミンスキー博士のフレーム理論は、「私のあらゆる理論の基盤でもある」と仰っています(「ドクター苫米地ブログ」より)。

ミンスキー博士と物理次元ではもうお会いすることはできませんが、これから自身がコーチとして成長する過程で、コーチング情報場の中にいるミンスキー博士およびその理論に触れる度に、世界をより良くし、人類を進化させるための新たなインスピレーションが得られると感じています。

ご冥福をお祈りします。

 


マービン・ミンスキーが健康や人間の心について語る@TED

 


マービン・ミンスキー博士の名著である「心の社会(The Society of mind)」。

心の社会心の社会』マービン・ミンスキー著(現在入手困難)

Society Of Mind (A Touchstone book)?“Society Of Mind”?Marvin Minsky

ミンスキー博士のフレーム理論は、苫米地博士の書かれた『認知科学への招待』でその概要を知ることができます。

認知科学への招待認知科学への招待苫米地英人著

 

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment