All posts in クライシスサイコロジー

情報をラベリングする

ここ数日紹介していたCDCのレポート「Crisis Emergency Risk Communication(CERC)」には、情報提供者は、情報を分けて発信することの重要性が述べられています。

例えば、「被災地にいる人向け」、「直接的な被災を受けていない人向け」などのように、情報の受け手に応じて情報を分ける必要があるわけです。 Read more…

Armchair Victims

CDC「Psychology of a Crisis」のレポートの中で、天災や災害が発生している時の人々の内面に起きることの一つとして「代理リハーサル(Vicarious rehearsal)」が取り上げられていることは注目すべき点だと感じています。 Read more…

Crisisの語源

‘Crisis’は日本語では「危機」と訳されることが一般的ですが、Crisisの語源が気になり調べてみました。 Read more…

【日本語訳】Give people something to do

「Give people something to do」Peter M. Sandman, Ph.D. –Risk Communication Expert Read more…

【日本語訳】The Psychology of a Crisis — How Knowing This Helps Communication (ERC CDCynergy)

昨日掲載した「Psychology of a Crisis」の理解を更に深めたい方向けに「The Psychology of a Crisis — How Knowing This Helps Communication」を訳したものを掲載します。 Read more…

【日本語訳】Psychology of a Crisis(CDC)

 

psy_of_crisis_P_01 Read more…