お金で買えないゴール

「超高級スポーツカー」「自家用ジェットやヘリコプター、豪華クルーザー船の所有」「超高層階マンションや別荘の購入」などなど、持っているだけで人が羨むようなモノを手に入れたいというゴール設定をする人は少なく無いと思います。また「年収1億円」など高額な報酬を得ることをゴール設定する人もいるでしょう。でも、これはゴール設定として良いものなのでしょうか。

「超高級スポーツカー」

「自家用ジェットやヘリコプター、豪華クルーザー船」

「超高層階マンションや別荘」

は、全てお金で買えるものです。

「年収1億円」

も、お金のゴールです。

資本主義の中ではそれを素晴らしいゴールのように思わされているでしょう。

しかも高ければ高いほど良いというように。

しかし、こういうお金だけで買えるものをゴールにすると、確実に資本主義の奴隷になります。

いや奴隷の幸せを求めているんだから、お金で買えるゴールでいいんだというなら仕方ありません。

でも資本主義の奴隷になりたくなければ、お金だけでは買えないコトをゴールにする必要があります。

そのゴール達成ために、お金がツールとして必要なこともあるでしょう。

でもお金というツールさえあれば叶ってしまうものをゴールにしてはいけません。

資本主義の奴隷になりたくなければ、自分のゴールがお金さえあれば達成できてしまうものかどうかを確認してみましょう。

 

ただ、今は何もゴールが無いんだという人は、とりあえず現状の外のゴールとして、お金で買えるゴールを暫定的に設定してもいいでしょう。

でもあくまでもスコトマを外すために暫定的なゴールとしてです。

その暫定ゴールに向かう途中で、お金だけでは買えない、お金のみでは達成できないゴールを常に考え、見つかったらゴールの再設定をするようにして下さい。

 

【コーチへの宿題】

「年収1億円」など上に挙げたものは本当はゴールではありません。ゴールでなければ何なのかを考えてみてください。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment