できない理由

ジェダイマスターのヨーダが戦闘機X-Wingの機体を手を触れずフォースの力だけで沼から引き上げました。それを見たルークが「信じられない」とつぶやいたのを受けて、ヨーダは「それが失敗した理由だ」と答えました。

LUKE:I don’t… I don’t believe it.

YODA:That is why you fail.

(STAR WARS Episode 5?: THE EMPIRE STRIKES BACK

これはコーチングにも通ずるスターウォーズに出てくるヨーダの私のお気に入りの名言です。

 

「信じられない」というルークの言葉は、ルークのアファメーションとして機能しています。

このような否定的なアファメーションを、ネガティブ・アファメーションといいます。

ルークにとっては嬉しくはないでしょうが、ルークのアファメーションはしっかりと効果を発揮して、その通りの失敗する現実を生み出しました。

 

私達のできない理由は、多くの場合、自分の能力とは関係ありません。

単に自分のアファメーションの通りにできなくなっているだけです。

 

自分の何気ないセルフトークを観察してみて下さい。

その通りの現実になっていることに驚きを感じるはずです。

そのセルフトークがアファメーションとして機能しているからです。

アファメーションとは単にルールに従って書いてそれを読むものだけではありません。

日頃しているセルフトーク、それが私達の一番強力なアファメーションです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment