どちらを踏むか

brake& accelerator

車にはブレーキペダルとアクセルペダルが付いています。ブレーキペダルはアクセルペダルよりも手前に、サイズもより大きくなっています。

ブレーキペダルがアクセルペダルの手前に大きく配置されていることで、膝を曲げた状態で踏みやすく、またいざという時には大きく力を入れて踏み込むことが可能です。

自分のマインドに置き換えてこのことを考えてみましょう。

踏みやすいからといって、いつもそこに足を掛けていないでしょうか。

踏みやすいからといって、いつもそればかりを踏んでいないでしょうか。

その踏みやすいものはブレーキペダルのように、踏めば前進を妨げるものではないでしょうか。

踏みにくいものは、ブレーキペダルの奥にあるアクセルペダルのようなものかもしれません。

いつも掛けているブレーキペダルから足を外して、思い切って膝を伸ばしてアクセルペダルを踏んでみましょう。

今まで感じたことが無いぐらい勢いよく前進するはずです。

それで怖がって慌ててブレーキペダルに足を戻さないで下さい。

アクセルペダルをもっと踏み込んでみましょう。

更に加速を感じて、スピードがでてきます。

そのスピードも初めはドキドキするかもしれません。

大丈夫、すぐに慣れます。

そのうち踏みやすいものは逆転し、ブレーキペダルからアクセルペダルになるでしょう。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment