アーモンド

almond.JPG

扁桃体(Amygdala)は、大脳辺縁系にあるアーモンドの形をした神経細胞の集まりです。アーモンド(Almond)を日本語名では「扁桃」ということから、アーモンドの形をしたこの神経細胞の塊を扁桃体といいます。

扁桃腺の扁桃もアーモンドのような形からこの名前が付けられています。

扁桃体は、快や不快の感情や恐怖などの情動反応の処理や記憶に主要な役割を持つと言われているところです。

恐怖などの感情によって扁桃体が活発に活動するとIQが下がり思うような活動ができなくなります。その恐怖などの負の感情をコントロールするには前頭前野を働かせることです。前頭前野を効果的に働かせるにはリラックスすることが重要になります。

時には、アーモンドをボリボリと食べて「アーモンドになんか支配されないぞ」と思考しながらリラックスしてはいかがでしょうか?

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment