サイバーホメオスタシス仮説

「サイバーホメオスタシス仮説」とは、「人間は進化により物理空間のみならず情報空間に対してもホメオスタシスを働かせることができるようになった。よって人間は仮想現実にも臨場感(リアリティ)を持つことができる」というものです。

コーチングにおいても臨場感、ホメオスタシスは大変重要な概念です。この概念を理解するには以下の論文を読まれるといいでしょう。

苫米地英人博士(1996)『サイバー空間での近未来型エンターテインメント : サイバーホメオスタシス仮説の視点から

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment