ボーダーレス

Borderless

私の持っている地球儀の一つは、海は白で陸地は黒と白黒の2色のみです。そして、陸地には主要な都市名のみが書かれています。白黒のツートンカラーの地球儀はインテリアとしても素敵です。

でもこの地球儀にはもっと素敵なことがあります。

一般的な地球儀といえば、国ごとに色分けされているカラフルなものでしょう。

カラーの地球儀は隣り合う国が違う色になっていることで、どの国がどこにあるのかを見つけやすく、その国の大きさや隣国との境界はどのあたりなのか等が見やすく工夫されています。

でも、この白黒の地球儀には国の境界線が引かれていません。

そのため、どの国がどこにあり、どこまでかは全く分かりません。そういった意味では不親切な地球儀ともいえるでしょう。きっと今の社会科の勉強には使えないでしょう。

でもこの白黒の地球儀の凄いのは、国という概念が無いところです。

そもそも地球には国の境界線なんてものは引かれていません。

境界線を引いているのは人間です。

そしてその境界線のために、多くの争いが過去にも今現在でも起きています。

そしてこのままでは未来にも起きるでしょう。

境界線の無い地球儀を眺めながら、戦争や差別のない未来の世界はきっとこの地球儀のようなのかなと感じています。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment