入力を変える

cold_brew_coffee_drop

気温の高い日が続いてきたので、半年ぶりに「水出しコーヒー」を作ってみることにしました。

水出しコーヒーは、珈琲の粉に常温の水を一滴一滴点滴しつづけて作るものです。水で入れたコーヒー(水出しコーヒー)を、「ダッチ・コーヒー(Dutch Coffee)」とも呼びます。

1〜2秒に1滴のスピードで水を垂らすので(そのスピードでも味も変わります)、出来上がるまでに数時間は掛かりますが、飲んだ時は待った甲斐があったなと思うぐらい美味しくできあがります。

 

水出しコーヒーは、お湯で淹れたコーヒーとは同じ豆を使っていても味わいや香りがだいぶ異なります。

水出しコーヒーは雑味が少なく、柔らかい苦みと程よい甘みが出て口当たりが良く、お湯で淹れたコーヒーに慣れていると、コーヒー豆ってこんな側面も持っているんだと、そのポテンシャルに驚かされます。

入力(水 or お湯、点滴のスピード)の仕方を変えるだけで、コーヒー豆の違う持ち味が引き出され、出力(出来上がったコーヒである)が異なるものになるのだなと、水出しコーヒーを淹れた時にいつも感じます。

 

私たちは、自分に対していつも同じような入力だけをしてしまう傾向があります。

そして自分の今までのブリーフ・システムを強化し続けています。

慣れ親しんだ入力(内容や方法)ばかりではなく、時には違う入力も試してみて自分のマインドを揺さぶってみましょう。

自分のマインドにはこんなポテンシャルがあったのだと驚く発見があるはずです。

cold_brew_coffee

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment