夕陽

sunset

夕陽が綺麗です。沈みかける太陽、赤く染まった空、色を失った建物とのコントラスト。夕陽は刻々と色を変えて、目の前の景色を美しく演出しながら幕を閉じていきます。

時の流れを遅くしてずっと眺めていたい光景ですが、その期待とは裏腹に、短い時間しか見ることができません。

もしこの光景が期待通りにとても長い時間眺めていることができるなら、更には一日中この光景だったとしたら、どうでしょうか?

きっとその光景があまりにも当たり前になり過ぎて、目の前にある空気と同じようになり、夕陽に心を奪われることはなくなるでしょう。

当たり前になってしまったものの集まりが、私達のコンフォートゾーンを作っています。

当初は感動したものも、何度も目にしたりするうちに当たり前のものとなってしまいます。

私達はコンフォートゾーンの中のいつもと変わらぬ景色に対してはあまりにも当たり前過ぎて、ことさら注意を向けることも感動することも無くなります。

もし、夕陽を見た時のような感動を得たければ、ゴールをコンフォートゾーンの外に置きましょう。

コンフォートゾーンの外にゴールを設定すれば、そのゴールに向かう途中の景色は変化に富み、今まで見たことも無いような光景にも出会うことができ、豊かな人生をより楽しみながら歩むことができるようになるでしょう。

 

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment