天職

johnwood

天職(calling)といえるものに出会っていますか。天職といえるものはある日突然、目の前に訪れるものかもしれません。天職というものがどういうものかピンとこなければ、ジョン・ウッドの本を読んでみるといいでしょう。

ジョン・ウッドはマイクロソフトのエグゼクティブとして成功している中、休暇でネパールへトレッキングに訪れた時に、突然天職といえるものに出会ってマイクロソフトを辞め、NPO『ルーム・トゥ・リード』を創設しました。

ジョンが設立した『ルーム・トゥ・リード』は、「子どもたちの教育が世界を変える」という理念を掲げ「すべての子どもたちに教育を」というゴールを設定して、教育を十分に受けらない人達へ本を送り届け、図書館を造り、学校を建てる共に女子の教育支援などの活動をしています。

2000年の設立以来、10年余りで学校を約1600校、図書館を約1万5000カ所を建設するなど、NPOとして驚異的な成果を上げています。

なぜ、それほどまでの成果を上げられたのか。

それはジョンが天職と呼べるものに出会い、そしてその天職に相応しいゴールを持ったからだと思います。

すでに天職に付いている人も、まだ天職に出会っていない人も、是非ジョンの本を読んでみることをおすすめします。

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

「マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった」ジョン・ウッド 著

僕の「天職」は7000人のキャラバンになった マイクロソフトを飛び出した社会起業家の成長物語

「僕の「天職」は7000人のキャラバンになった-マイクロソフトを飛び出した社会起業家の成長物語」ジョン・ウッド著

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment