常識を変えるゴール設定

Black_BlockMemo

いつの間にか出来上がってしまった常識というものを私達はたくさん持っています。そして大抵そのことには気付きもしません。

自分が持つ常識はあまりにも自分にとって当たり前すぎるので、空気のようにその存在を忘れて日々を過ごしています。

常識は私達の無意識の判断(Attitudes)や無意識の行動(Habits)に直接的に影響を与える主要な要素ですので、常識を変えないと結果も変わりません。

ひとりの人が持つ常識は、たくさんの常識からなる集合体です。

自分の持つ常識を何一つとして変えないとしたら、過去の延長線上の現状をずっと繰り返すことになります。

たまたま何かのきっかけで自分の持つ常識のうちのいくつかが変わることもあるでしょう。

でもそれは単なる偶然にすぎません。

偶然にまかせずに常識を変えるために必要なことは、現状の外のゴールを設定することです。

逆に言えば、現状の外のゴールとは、その達成のためには今まで持っていた常識の変更を必然的に伴うゴールということです。

自分の今持っているゴールは、その達成のために今までの常識の変更が必要でしょうか?

もしどの常識も変更なく達成できるとしたら、それは現状の中のゴールということです。

(写真は黒いメモブロック。メモ帳といえば白地が常識だと思いますが、黒のメモ帳に白鉛筆で文字を書いてみました。白黒反転させてみると書いているうちに常識が外れていきそうです)

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment