手間と時間を掛ける

syoyu_koji

自家製の醤油麹を作っています。麹を使った発酵調味料なので、美味しいだけでなく栄養価にも優れ健康にも美容にもよい優れた調味料です。

麹に(玄米麹を使っています)醤油を加え、保存容器に入れて、常温で10日〜2週間ほど置き熟成させます(冬の方が時間が掛かります)。

その間、発酵を全体に行き渡らせるために1日1回スプーンで空気を含ませるようにして混ぜ合わせます。

そうやって手間と時間を掛けることによって「奇跡の調味料」と言われる醤油麹が出来上がります。

その醤油麹の良さは、即席では決して生まれることなく、時間を掛けることによって始めて生まれます。

現代は色々なものにスピードが要求され、食べるものもファーストフードやインスタント食品など簡易で時間を掛けないものが主流になっています。

その分、時間や手間を省略するために、様々な化学調味料などが使われています。

醤油麹の良さは決して化学調味料では出すことができません。

醤油麹を作っている時のマインドの使い方は、インスタント食品で料理を作っている時のマインドの使い方と明らかに異なります。

もし日ごろ、インスタント食品ばかり、ファーストフードばかりだとしたら、食べ物に限らずマインドがそういう使い方だけになっていないか確認した方が良いでしょう。

時間を手間を掛けるからこそ手に入れられるモノがあります。

インスタント食品ばかりだとしたら縁起に気づくことも難しいかもしれません。

その感覚が分かりづらければ、例えば自分で熟成が必要な食べ物や調味料を手間と時間を掛けて作ってみると良いと思います。その際に使用する材料も手間と時間を掛けたものを探し選びましょう。

そこで得たマインドの使い方や気付きは、きっと他の何かに役立つはずです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment