接し方

goethe

コーチとしてクライアントにどのように接すれば良いかを知りたければ、次のゲーテの言葉が役に立つでしょう。

「人に対しては、彼らがあるべき姿を実現しているように接することだ。そうすれば、彼らが自分のなりうる姿を実現する助けをすることになる」ゲーテ

コーチは、今のクライアントの姿ではなく、未来にこうなりたいという姿をした人が目の前にいるという臨場感をもって、クライアントに接する必要があります。

そのコーチの接し方が、クライアントの自己イメージ(コンフォートゾーン)を変えることに繋がります。

コーチが先に未来のコンフォートゾーンを作ってあげるのです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment