春は奇跡

spring

日ごと新しい花が咲いていくのを見ながら春を楽しんでいます。この季節になると絵本作家ターシャ・テューダーさんの言葉を思い出します。

数年前に彼女のドキュメンタリーがNHKで放映されました。

当時既に90歳ぐらいだったと思います。

絵本作家である彼女ガーデナーでもあり、広大な田舎の敷地に自分の理想の庭を作り、自給自足のスローライフを実践しています。

庭をいじりながら彼女言います。

「庭造りが好きだから夢中でやるの 人生短いのよ 楽しまなくちゃ
誰でも自分の手で幸せを作り出せる ただし焦って結果を求めないことよ
年をとるのを恐れる人もいるけど 私ね 今がいちばん幸せよ」

彼女には豊かなゆったりとした時間が流れています。

彼女100年以上も前のブリキのオーブンで鳥を焼いています。

「これこそが本物のロースト ただ焼くのと大違い 皮がカリッと仕上がるの
さぁおいしそうに焼きあがったわ 時間のかけ方が違うんだから」

彼女の住むところ雪に閉ざされた長い冬の時期があります。

「私冬が大好き もし雪がなかったらどうなると思う?
降り積もった雪土が凍るのを防いで 植物を守る大事なものなのよ
今年雪がたっぷり降ってくれるといいわ
こうやって何百も球根を植えるの  咲く花を楽しみに
最近の人待つことが嫌いよね でも庭造りに待つことが大切なの
待つことが苦痛でなくなれば 人生うまくいくようになるのよ」

そして、冬の季節が終わり、雪が溶けると、に一斉にチューリップが咲き始めます。

それを見て彼女が言います。

奇跡ね」

その言葉は私に深く刻み込まれ、私はが巡ってくるたびに「奇跡」だと感じます。

誰にでも平等に与えられている時間、でも時間は上手に使える人と、そうでない人がいます。

時間の使い方もマインドの使い方の一つです。

正しい時間の使い方というものはありませんが、一人ひとりが自分なりの豊かな人生を送れる時間の使い方をしましょう。

[参考]NHK「ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方」

NHK ターシャからの贈りもの 永久保存ボックス<DVD+愛蔵本>魔法の時間のつくり方

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment