機能を変える

pencil目の前にあるものを1つ手にとって下さい。それは何ですか?例えば、鉛筆を手に取ったとしたら「鉛筆」だと答えますね。

「鉛筆」だとしたら、文字を書くという機能があると認識しているはずです。

(ここでは「鉛筆」を例に取っていますので、各自手にしたものに置き換えて考えてみてください)

それでは「鉛筆」に別の機能を持たせて下さい。

文字を書くという以外の機能です。

どんな機能を他に持たせることができるでしょうか。

突拍子もない機能でも良いです。

もし思いつくようなら、むしろ突拍子もない驚くような使い方がいいでしょう。

そうしたら「鉛筆」という名前(ラベル)を、その別の機能に合わせた名前(ラベル)に変えてみてください。

変えた機能と変えた名前で使っている状態を臨場感を持ってイメージしてみて下さい。

どうですか?

今までとは違ったものに見えてきませんか?

もし違ったものに感じられたら、このワークの応用を自分なりに考えて試してみて下さい。

世界がどんどん変わっていくのが体感できるはずです。

試してみた感想などコメント待っています。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment