真実が制限を生み出す

bumble-bee

かつてマルハナバチを調査した航空技術者はこう言ったといいます。「このハチが理論的に飛べる理由が全くない」と。マルハナバチは胴体や体重に比べると羽が極端に小さいため、理論的には飛べないと言うのです。でも航空技術者の言う理論にはお構いなしにマルハナバチはブンブンと飛んでいます。

かつての航空技術者の持っていった理論は、単にその技術者が受け入れている真実でしかありません。

本当の真実かどうかではなく、受け入れた真実こそが私達に影響を与えます。

私達は自分自身が受け入れた真実によって、思い込みを生み出し、スコトマが生まれ、制限を作り出すのです。

常に自分の受け入れている真実に疑問を持つことが重要です。

「それは本当の真実だろうか?」と。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment