視点を動かす

Flightradar24_1

世界地図に描かれた各大陸に引き寄せられながら群がっているように見える黄色い点達。日本の地図の上にもかなり密集しているように見えます。

これは何だと思いますか?

正解は、(ある時点における)現在飛んでいる飛行機達です。

 

上の写真は、”Flightradar24”というアプリを教えてもらい、その画面をキャプチャしたものです。

Flightradar24”は、民間航空機から発信されるフライト情報を基に、航空機の位置情報を地図上にリアルタイムに示すサービスです。

Flightradar24_2

日本の上空にも沢山の飛行機が飛んでいることが分かります。

目を凝らしてみると羽田や成田を目指している飛行機が多くいることも見て取れます。

Flightradar24_3

更に拡大していくと飛んでいる位置や進路などがより詳しく分かります。

地図上の飛行機のうちの一つを選ぶと、飛行機の色が黄色から赤色に変わり、更に詳細な情報が得られます。

そして、表示された小窓の中の「3D」ボタンを押すと、

Flightradar24_4

なんと、時々刻々と変化するコックピットから見える景色も見ることができ、パイロットになった気分をリアルタイムで体験できます(コックピットビュー機能)。

そして、iPhoneやAndroidにアプリを入れて携帯電話を空にかざすと、現在上空を飛んでいる飛行機の識別もしてくれます。

 

リアルタイムで飛行中の飛行機に関する情報を様々な視点で見ることができるこのサービスには感心させられました。

試しに”Flightrader24”のHPにアクセスして、

地図を動かして、

時々刻々と変わる世界中に飛んでいる飛行機の状況を把握したり、

地図を拡大縮小したり、

その中の飛行機を選んでフライト情報を見たり、

3Dボタンを押してコックピットからの景色を眺めたりしてみてください。

 

見る視点(の高さ)によって得られる情報が違うことを体感できると思います。

視点を動かした時のその体感を他のものにも適用して、スコトーマを外してみましょう。


Flightrader24 HP : https://www.flightradar24.com/

 

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment