記念日s

今日はコーチングの会社を立ち上げたという報せや、コーチとして初めてセッションをしたというコーチデビューの報せを頂いたり、開業して15周年を迎えた方に御祝いを贈ったりと、様々な記念日が重なる日でした。

コーチの方は、開業するにあたって、会社を設立するか個人事業主として活動するかを迷われる方が多いようで、その相談が私のところにも多く寄せられます。

どちらが正解というのはありませんし、コーチとしてクライアントにすること(コーチング)には変わりがありません。

どちらを選択するかは自身のゴールが決めることですので、メンターとして自身の経験を伝えたり、アドバイスをすることはできても、私がこちらの方が良いよということは決めることはできません。

会社という形態をとることも、個人事業主として活動することも、それは方法に過ぎません。

そして方法は、ゴールがあって、それを達成する手段として初めて決まるものです。

それを、先に会社にするか、個人事業主とするかという方法から入ってしまうと本末転倒になりすし、他人の価値観から判断することになりがちです。

ましてや、どちらの方が税金上有利ということだけから方法を決めるのはおかしなことだと思います(そういう議論から入っているのを良く見かけます)。

自分のゴールからみて(自分の未来のイメージとして)、そのゴール達成のために会社という形態を選択するのが相応しいのであれば会社を設立すれば良いですし、そのイメージがなければ個人事業主としてでも良いでしょう。

私の場合は、未来の映像として、自身が立ち上げたコーチングの会社が発展し、そこで多くの人が関わりを持っているというイメージがあったので(実際にはもっと様々なイメージがありますが)、会社を設立するのが当然のようにリバティーコーチング株式会社を設立をしました。そこに迷いはありませんでした。

そして、その未来のイメージへ向け、今その一部は達成していますが、まだまだ途上でもあります。でも着実に自身の掲げるゴールに向かっている感覚があります。

今日は他の方々の記念日に接し、間もなく自身も創立記念日を迎えるので、自身の会社の未来・現在・過去を振り返る良い機会となりました。

改めて、記念日を迎えられた皆さま、おめでとうございます。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Trackbacks for this post

  1. 記念日 | CREATIVE COACHING|苫米地式コーチング 認定コーチ

Leave a Comment