選択肢は1つではない

multiple_choice複数の選択肢があった場合に「どれにしようかな」と『1つ』を選ぶ癖が付いていると思いますが、『2つ』とか『全部』という選択もあることを忘れずに。

私達は子供の頃「どれか1つにしておきなさい」と大人に言われたり、複数のモノを選ぼうとすると「欲張りね」と他人に言われたり、「正解を1つ選びなさい」という問題を繰り返し解かされ続けた結果、選択肢の中から1つだけを選ぼうとする癖がついています。

でも、いつも1つだけを選ぶ必要があるのでしょうか。

1つのことだけを選ぼうとして無意識に制限を掛けていないでしょうか。

複数のものを同時に選択するには、抽象度を上げたり、制限を外す必要が出てきます。

今度、選択肢の中から1つを選ぼうとしたら自分に問いかけてみて下さい。

「それらを同時に手に入れられないだろうか」と。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment