Coffee Dripper

coffee_dripper

気が付けばコーヒードリッパーの数が増えていました。メーカーが異なるもの、同じメーカーで同じ形状であっても陶器製、強化ガラス製、プラスチック製など素材の違うものも持っています。

そして所持するコーヒードリッパーの数はこれからも増えていくでしょう。

コーヒードリッパーも、美味しいコーヒーを淹れられるようにと、メーカーによって様々な創意工夫が凝らされ形状が異なっています。

形状や素材の違いは、メーカーによって美味しいコーヒーとは何かという定義(信念)が異なっているのかもしれませんし、ドリップする豆の想定が違っているからかもしれません。

全ての条件を完璧に満足するのは難しいため、必要な条件の中である要素に特化し、他のある要素は犠牲にしているのかもしれません。

同じ袋に入った同じ種類の豆を使ったとしても、コーヒードリッパーが違えば、お湯の注ぎ方も違いますし、抽出のされかたも異なるので、結果としてコーヒーの味も違います。

ペーパーフィルターが必要なものもあれば、ペーパーフィルターを使わないものあります。もちろん、ペーパーの有る無しで味がまったく異なってしまいます。

このような違いがあることはコーヒーを淹れることを難しくしますが、一方でコーヒーを興味深いものにもしてくれています。

 

こういった違いは、一種類のコーヒードリッパーだけしか使ったことがなければ分からないことです。

色々試してみて、やっぱり自分はこのコーヒードリッパーが好きというのはいいでしょう。

しかし、一種類だけしか使ったことがなく、しかもそれは誰かに良いと言われたからという理由だけ、或いはメーカーの宣伝で謳われている性能が良かったからという理由だけでそのドリッパーに決め、その後それしか使ったことが無いのだとしたらどうでしょうか。

かなり限定された世界にいることが分かるでしょう。

世の中にはどれだけの種類のコーヒードリッパーが存在するのか私は分かりませんし、全てを試すことはできないとも思います。

でも、仮に数種類を試すだけでも、違いがあることが分かり、今まで気づかなかったことを発見できる楽しみが増えました。

この世に優れたコーヒードリッパーは存在するかもしれませんが、完璧なコーヒードリッパーは存在しないでしょう。

ここではコーヒードリッパーを例に挙げましたが、他のことでも同じことがいえると思いませんか。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment