TIME IS MONEY

「時間=通貨」となった世界を描いた『TIME』という映画あります。『TIME』の世界では、全ての人類は遺伝子操作により25歳で成長が止まり、その後は時間を買えない人はそこで人生が終わり、時間を買える富裕層は永遠とも言える時間を持って生きています。

映画『TIME』の予告編はこちら↓

貧困層では、残りの生命時間が毎日1日ほどで、その日仕事に行って労働して時間を買わないと生きていけません。

一方、富裕層は貧困層から搾取した時間で、25歳の容姿のまま何百年という単位で生命時間を持って暮らしています。

この映画はSFフィクションですが、資本主義が行き過ぎると遂にはこういう世界になってしまうのではないかと思わずにはいられませんでした。

 

私達の物理空間での生命時間は限られていますが、普段はその臨場感をあまり持っていないため、時間の大切さを忘れてしまいがちです。

まさに「時は金なり」を描いたこの映画で、時間の大切さを思い出したり、資本主義の行く先について考えてみるのもよいでしょう。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment