マッチ箱から街が生まれた

LuQUAI
先日ワタリウム美術館のonSundaysの「箱覧会」で買ったのはマッチ箱とブリキ缶。このマッチ箱はただのマッチ箱ではありません。

LuQUAI&can
マッチ箱を裏返すと、
LuQUAI2
なんと、このマッチ箱の中にはミニチュアの玩具が入っています。
箱を開けると、
loquai_burk
手作りの木のパーツがギッシリ入っています。
組み立ててみると、
loquai_burk2
小さな街ができました。
別のマッチ箱を開けてみると、
loquai_mini_4k
こちらは汽車です。
なんともほほえましい感じがします。
このマッチ箱はドイツの玩具メーカーLOQUAI HOLZKUNST/ ロークワイ社のものです。
ロークワイ社が創設されたのは1934年、
木のミニチュア積木だけでなく、贈答用の木箱なども生産している会社であり、
75年以上の歴史があるドイツの玩具業界の老舗だそうです。
ロークワイ社のマッチ箱はそれを手にした人がほっと暖かい気持ちになるおもちゃでした。
It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment