和ろうそく

(null)米ぬかを主原料とする和蝋燭を買いました。
いま主流の西洋ローソクは石油系のパラフィンワックスと細い糸芯でつくられています。一方、和蝋燭は蜜ろうや米ぬかなどの天然素材の蝋と和紙の回りにイグサを巻いた中空で太い芯でつくられます。

この芯や蝋の原料の違いは、燃え方の違いによく表れています。

西洋ローソクの場合は、細い糸芯と融点の高い石油系の蝋により、点のような炎で揺らぎの少ない白っぽい光になり、油煙が出ます。

それに対して、和蝋燭の場合は、中空で太い芯のため、蝋燭の下から空気とともに蝋が吸い込まれ、強く弱く炎がゆらゆらと揺れます。また、融点が低い植物性の蝋のためにオレンジ色の温かい光が灯り、油煙は出ずにすすのみが出ます。

和蝋燭の柔らかく暖かい光を見ていると、深くリラックスして心地よいです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment