「ウェルト文学賞」授賞

「壁のある世界で、壁のない世界の風景を生き生きと想像すると、現実になるかもしれない。」村上春樹

村上春樹さんが、ドイツ新聞紙の「ウェト文学賞」を受賞しました。

ベルリンの壁は壊されましたが、今なお世界は壊すべき壁がたくさん存在しています。

その壁を壊すことができるのは私たちのイマジネーションの力です。

壁を作ったのも私たちのイマジネーションが発端であり、壊すのもまた私たちのイマジネーションの力によって可能になります。

我々のイマジネーションの限界が、我々の限界となるのです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H0U_Y4A101C1000000/

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment