パーソナルソング

personal-song

映画『パーソナルソング』を観てきました。この映画は音楽を聞かせることにより内なる力を呼び起こさせ認知症等を改善する活動のドキュメンタリーです。

アルツハイマー型をはじめとした認知症には完全な治療法がまだないと言われています。

今までほとんど無反応であった方、自分の体験を思い出せなかった方などが、自分の好きな音楽(パーソナルソング)を聞いたとたん、瞬時に目を輝かせ、身体を動かし、踊り出し、自分を取り戻す姿は感動的でした。

映画の中で 「レナードの朝」や「妻を帽子とまちがえた男」の作者オリバー・サックス医師はなぜ音楽を聴くことが効果的かをこう説明します。「音楽は感情に訴えかけることができるので心を呼び覚ますことができる。脳のさまざま な領域に届き当時の記憶を蘇らせる。そして認知症によって混乱してしまっている思考や言語の部分とは違う運動や感情の領域と結びつくために、認知症による ダメージが少ないのだ」と。

薬では決して起こせない奇跡が見れる素晴らしい映画でした。

1000ドルの薬より1曲の音楽を!

『パーソナルソング』渋谷シアターイメージフォーラム他で上映中 http://personal-song.com/

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Trackbacks for this post

  1. 1000ドルの薬より1曲の音楽を! | TAJIMA+

Leave a Comment