エスキナンサス クリムソンベル

Aeschynanthus_flower事務所の天井からぶら下げる植物を探していたら生い茂った葉っぱの中で真っ赤な花を咲かせている「エスキナンサス クリムソンベル」を見つけました。

エスキナンサスの名前はギリシア語のエスキン(aischyne:恥じらい)とアンサス(anthos:花)からなり、鮮やかな赤い花が、まるで赤面しているように見えるところから名付けられたそうです。

Aeschynanthus_flower2筒状の中からニョキッと花が出てきて先端が開きます。

吊り下げたら事務所の一角がジャングルのようにワイルドになりました。

Aeschynanthus眺めていると刺激的なシャワーを浴びているような感覚になり、新しい発想がまた生まれそうです。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment